FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もも病院へ行く(元気がない)~1

長いこと更新せず、放置状態になっていました。
今年初めての記事です。

もし、見に来てくださった方がいらしたら
申し訳ありませんでした(_ _*)

ももの誕生日(6月)からおよそ半年間、
記事を書くこともなく、写真もアップせずでした。
夏には(7月)好きなGLAYが大阪で大きなライブがあり
それに伴うイベントがいろいろあって、浮かれ気分で過ごし(^^;)
その後はバイトの仕事が忙しかったりで
あっという間に2012年の後半をむかえてしまいました。

12月の前半のことでした。
ももの様子がいつもと違う・・・そんな日がありました。
(最初に書いておきます。現在ももは元気です^^)

いつもペレットが食べ残してある。
好きなおやつも欲しがらず、口元に持っていっても食べない。
おかしいなと思いつつも、様子をみていたら
落ち着かない様子で何度も場所を移動してはじっと座っています。
お水も飲まないし、●が小さくなっていました。
何より元気がなく、表情もいつもと違いました。
目に力がないんです。

あきらかにおかしいと感じました。

かかりつけの先生の所は時間外でしたが、電話をしてみました。
電話はでられませんでしたが、留守電にメッセージを残して
先生から連絡をいただけるのを待ちました。
先生はいつも後から連絡をくださり、アドバイスなどをしてくれます。
しかし、待っていても連絡がありませんでした。

どうしよう・・・明日まで待っていいのか・・・
迷いましたが主人と相談し、動物救急病院へ連れて行くことにしました。
近くにはありません。
ネットで調べて一番近いところへ行くことにしました。
病院に電話をし、簡単に状況を伝えると
「うさぎの専門の先生はおりませんが、いいですか?」と念を押されました。
いちおう、いろんな動物は診ているということだったし、余裕もないので
これから伺いますとお願いし、急いでももをキャリーにいれて向かいました。
夜の11時頃でした。

キャリーは私のひざに乗せて、バッグの隙間から
手をいれてずっとももを励ましていました。
つめきりの時などはキャリーに入れると嫌がって怒るのですが
この日のももはじっとおとなしくしていました。

・・・つづく
P1030226-10.jpg
[ 2013/02/20 14:28 ] 健康・通院 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://momousachan.blog45.fc2.com/tb.php/302-42ba0717











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。